レ・ミゼラブル-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレありで紹介!【BBC版・NHK放送】

海外ドラマ-レ・ミゼラブル-あらすじ-全話一覧
レ・ミゼラブル

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回ご紹介するドラマはイギリスBBCの歴史ドラマ『レ・ミゼラブル』です。原作は、言わずと知れたヴィウクトル・ユゴーの同名小説で、2012年にはミュージカルとして大大ヒットしました。

その海外ドラマ版『レ・ミゼラブル』は“歌わないレミゼ”と称され、ミュージカルが苦手な方でもレミゼの世界観が堪能できる、ストーリー重視の作品です。ミュージカル版ではなかったコゼットが生まれる前のフォンテーヌが描かれるなど、より登場人物やストーリーが掘り下げられていて、レミゼファンの方でも、そうでない方でも楽しめます。

そんな『レ・ミゼラブル』が『刑事ジョン・ルーサー』や『シャーロック』、『サーティーン13誘拐事件ファイル』などこれまで数々のヒット作を輩出したBBCとタッグを組んで製作されたドラマ…ということで面白くない訳ない!

脚本を担当したのは、名作『高慢と偏見』や『ハウス・オブ・カード』などを手掛けたアンドリュー・デイヴィス。キャストには、主人公ジャン・バルジャンに『アフェア情事の行方』のドミニク・ウエスト、ジャベール刑事役には『グローリー 明日への行進』デヴィッド・オイェロウォ。そしてフォンテーヌには『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズが出演し、こちらも非常に豪華ですね。

これまではANXミステリーチャンネルでした見れなかった『レ・ミゼラブル』ですが、3月15日からNHK総合で放送がスタート!しかも今回は初の日本語吹き替え版で放送されます。
ここでは、海外ドラマ『レ・ミゼラブル』のあらすじ、ネタバレ感想や見どころをご紹介してきたいと思います!

レ・ミゼラブル あらすじ

1815年フランス。ワーテルローでの敗戦後、戦場で死体から物を盗んでいたテナルディはポンメルシー大佐を救うことに。「この戦いを生き延びたら自分を訪ねてこい」そう言って戦地で別れたふたり。

貧しさゆえに一切れのパンを盗んだジャン・バルジャン。19年もの投獄生活を終え出所し新しく生きなおすことを決意するが、街の人々は彼に冷たく、宿や食料にありつくのさえ困難なありさまだった。途方に暮れていたジャン・バルジャンに一人の老女のすすめである教会に辿り着くが…。

一方、パリの街でお針子として働く貧しくも美しい娘・フォンテーヌは、遊学にパリへ来ていた青年・フィーリックスと出会い、恋に堕ちる。

レ・ミゼラブル-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

レ・ミゼラブル-1話-2話

レ・ミゼラブル-3話-4話

レ・ミゼラブル-5話-6話

レ・ミゼラブル-7話-最終回(8話)

見どころポイント
戦後動乱期真っただ中のフランス市民の混乱や貧困といった、極限状態が痛々しい程に伝わる作品。何度も映像化や舞台化されている名作中の名作ですが、全8話のドラマとなったことでより時代背景や登場人物が繊細に描かれ、第1話から感情移入が止まりません。

特に、ミュージカル版では描かれることのなかったフォンテーヌの恋のストーリーは必見です。演じるリリー・コリンズはとってもキュートなんですが、フォンテーヌがこの後どうなってしまうのか分かっていてもハラハラしてしまいますね。彼女がどんな風にフォンテーヌの激動の人生を演じてくれるのか非常に楽しみです。

当時の街を再現したセットや、衣装も息を飲むほど綺麗でウットリします!

レ・ミゼラブル 基本情報

原題:Les Misérables
話数:全8話
シーズンイヤー:2018年
提供:BBC
脚本:アンドリュー・デイヴィス
原作:ヴィクトル・ユゴー
出演:ドミニク・ウェスト、デヴィッド・オイェロウォ、リリー・コリンズ、ほか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です